酸っぱい麦茶

もう季節はずれなんだけど、まだ麦茶が20回分くらい残ってるので毎日淹れて飲んでます。

ただ、毎日同じように淹れているはずの麦茶がなぜか最近酸っぱく感じていました。

寒くなってきたせいか体質が変わって味覚も変わってきたのかなとか、淹れる前の麦茶自体が古くなって酸化してるのかなとか?

それならコーヒーが酸っぱい時によくやっていたように重曹を入れたら中和されてまろやかな味になるんじゃないかと思って試してみたところ、見事に酸味は完全に打ち消され、そこそこ飲みやすくはなりました。しかし、この重曹特有の癖のある味に変わってしまうのも、できれば避けたいところ。麦茶らしい香ばしさや美味しさも感じられません。

そこで、麦茶が酸っぱくなった時には世間の人々はどう対処しているのかをネットで検索してみたところ、原因の一つとして容器が汚れているとの指摘がありました。容器を洗わずに使用していると、付着した茶渋やぬめりなどが腐って酸味を発しているのだとか。

なるほど、確かに私が使っているポットは水洗いしかしておらず、内壁にはびっしりと分厚い茶渋が付着しています。これが酸味の原因だったのかもしれません。

さっそく洗剤を使ってスポンジでしっかりと洗ってみました。こびりついた茶渋を完全に落とすことはできませんでしたが、腐って酸味を発生する程度の汚れは落とせたと思います。

念のため、麦茶を入れる前にもう一度重曹と熱湯で内面をよく洗いました。

これで淹れなおした麦茶を飲んでみると、それまで感じていた酸味は全く感じなくなりました。美味しい麦茶の復活です。

やっぱり酸味の原因は汚れと腐敗だったのですね。うーん、不衛生でした。そんな腐ったお茶を飲んでいたら体には良くないですね。

麦茶を美味しく飲んで消費し終わったら、次はプーアル茶に切り替えます。寒い季節はプーアル茶の方がいいでしょ?たぶん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。