カラスと並んで電線に止まるトンビ

「ピ〜ヒョロ〜」

一声のトンビの鳴き声。

上空を滑空するその姿を探してみたものの、トンビはどこにも飛んでいませんでした。

声のした方角を見ると、電線に止まる一羽のトンビを見つけました。

どうやら声の主のようです。

大柄のトンビが羽を休めています。

近づいてみると、そのすぐ隣に一羽のカラスが止まっていました。

電線の上に、一メートルほどの距離で並んで止まるトンビとカラス。

大柄で土色のトンビと、やや小柄の黒いカラス。

奇妙なコンビでした。

私のイメージではトンビとカラスは仲が良くないと思っていました。

単独行動のトンビは時々カラスの大群に囲まれていじめられているように見える時もあったからです。

こんな風に警戒心もなくすぐそばに一対一で並んで電線に止まっていることなんて珍しいと思いました。

まるで何かを語り合っているかのようにも見えます。

仲の良いトンビとカラスもいるのかもね。

野生の鳥たちは人間には異常な警戒心を示すけど、鳥同士は案外仲が良いのかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。