自刈り失敗につきキャップ着用にて

キャップ

帽子かぶってお出かけ

バリカンで自刈りしようとしたら刃先に付けるカバーがないことに気づいて焦りました。

実は、気づいた時にはすでに1カット入れてしまった後だったのです。カバーを付けないと1ミリ以下のほぼスキンヘッド状態になってしまいます。

慌てて部屋中を探し回ってようやくカバーを見つけて、5ミリの長さに調整して丸刈りにしたのですが、最初の1カットの部分だけ短いまま跡が残ってしまいました。

首筋の右後ろ側が禿山状態です。
自刈りバックショット

後でよく見たら結構目立ってるので、このまま外出するのはちょっと恥ずかしい。

覚悟を決めて全域スキンヘッドに刈り直そうかとも思ってしまいましたが、さすがにそれも周囲の目が気になってしまいます。

そこで、帽子をかぶってみることにしました。キャップのつばを後ろに向ければちょうど首筋が隠れます。これなら大丈夫そうです。

というわけで、今日はキャップをかぶってお出かけしてきました。1ヶ月くらいはこのままかもね。

これから暑くなってくるから、熱中症予防のために帽子をかぶっていると周りの人たちも思ってくれれば違和感がないと思うんだけどなぁ……。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。