日暮れ16時50分

日に日に日が短くなっています。
日が落ちると急に寒くなってしまいます。
まだまだ猶予はあるものの、12月の冬至まではどんどん日没時刻が早くなってゆくわけです。
ちょっと気を抜いていると昼間外に出て日光を浴びるチャンスを逃してしまいます。
できるだけ日が昇っているうちにお出かけしたいので、何時ごろに日が沈むのか確かめておこうと思いました。

お散歩している途中でちょうど日が沈みました。
時刻を確認すると16時50分ちょうどでした。
日暮れ2017年9月30日

広告

日没16時30分

ひさびさによく晴れたいい天気だったから少し散歩しました。

歩いているうちに太陽が山の向こうに沈んでしまいました。

時計を見ると、まだ16時30分でした。早い。まだまだ日は短くなっていくんだろうなぁ。

日が沈むと急に寒くなります。

早く帰ろう。

電柱にとまる赤とんぼ

セミの声が止んだ

曇り空。

静かだなと思ったら、セミの鳴き声が聞こえないことに気づきました。

窓辺に行って耳をすますとかすかにコロコロと秋の虫たちの鳴き声は聞こえました。

昨日はよく晴れたいい天気だったのですが、まだセミの鳴き声が聞こえるなと思ったばかりでした。

きっと、昨日のセミが最後だったのですね。